カニ

かに通販と一言で言っても人それぞれ趣味がある

カニが好き!という日本人は多いと思いますが、そのかにも種類によって随分と味が違います。

それぞれの特徴を食べ比べ、もし一度カニを食べてそれ以来食べず嫌い…と言う人でも、他の種類のかになら気に入るものがあるかもしれません。

まず肉を食べるのが通常のかにの味わい方ですが、上海がにに関しては違います。

このかにに関しては正直、肉部分があまり味わうというものではありません。

ではどこを楽しむかというと、カニ味噌です。

こってりとした味わいで、カニ味噌の中でもナンバーワン、海っぽさではなくなぜか栗のようなほっこりした風味があって、カニは好きでもかに味噌はちょっと…という方に、お勧めしたい一品です。

上海がには輸入制限の都合上、日本で繁殖ができないので効果ですが、日本のモクズガニは同じ種類のものですので、みかけたら食べてみましょう。

有名どころではズワイガニと紅ズワイの差をご存知でしょうか。

呼び方が違うのでは?と思われるのでしょうが、実はこれ別物でズワイのほうが味が濃いと、紅ズワイのほうは少々市場では安く出回っています。

しかし最近の輸送能力が優れていることや、通販などで産直で購入できるようになったことから、ものすごい差があるとは思えません。

参考:カニ通販おすすめランキング | 失敗しない人気のかに通販

また有名どころのもうひとつ、タラバは実はヤドカリの仲間です。たとえヤドカリでもおいしいからいいよね!と思うのですが、そう思って食べてみると、味の違いを実感するかもしれませんね。

Uncategorized

津居山のセコガニを料理しました

山陰地方は、松葉ガニの産地として知られています。

その山陰は津居山漁港の松葉ガニ、ではないんですが、今回はセコガ二をいただいたので、料理して食べることにしました。

一匹当たり、およそ300円。

これは、その日道の駅で売っていた値段です。

日によって変動するのか、場所によっても違うのか、500円だったり、いつ見ても値段は違います。

すでにゆでてあったので、今回はそのままいただくものと、

お味噌汁にいれるものと、ごはんにするものと分けました。

まずは、そのままいただいたんですが、やっぱりセコガ二と言えば、内子と外子、そしてカニみその楽しみですよね。

おいしかったです。

私は割と、カニみそとか苦手だったんですが、今回はおいしくいただけました。

内子とかも見るだけで嫌だったんですが、食べてみるとおいしくて、みそと合うというのがよくわかりました。

さらに、お味噌汁やご飯にすると、カニの香りがすごくて、風味もとてもよかったです。

セコガ二は小さくて、ほとんど身がないので、逆に惜しげもなく出汁使いに出来るところがいいですね。

なんともぜいたくな気分になりました。

本当は生のものを買ってきて、自分でゆがいたら一番おいしいんだと思います。

知り合いの、漁師さんのところでは、大きなお鍋にたっぷりお湯をわかしてゆでて食べられるそうです。

でも、その時の塩加減が難しいんだよ、と言われたので、素人にはとてもできそうにありません。

ゆでてから、一時間たった時が一番おいしいんだ、とニコニコしながら言われた時は、とんでもなくうらやましかったです。

機会があったらお呼ばれさせてもらおうと思いました。

カニ

あれは何年前だったか会社でのカニ三昧

あれは何年前に勤めた会社での思い出でしょうか。

私はこれまで、同じ業界で5回ほど転職を繰り返してきました。

そのなかで、もっとも短い期間在籍していた職場での出来事です。

現在はまったく異なる分野におりますが、当時の私はクリエイティブ関係の仕事に就いていました。短期間在籍したA社は、小規模で社員は10人未満。社員はみんな若くて、いかにも創立まもない会社といった雰囲気でした。

社長もそう。クリエイティブ出身に起業家という要素を足したような、知的でおしゃれだけど野心家という、最近よく目にする、いかにも……な社長でした。

この社長と、私はまったく合いませんでした。仕事に対する考え方や姿勢、時間管理、進行手順など、あげたらキリがないほど、何から何まで相容れず。出社して社長がいないと私はほっとしましたし、心なしか他の社員も同様のように見えました。

入社して2か月半。年の瀬ということで忘年会が行われることに。私は参加したくないと思いましたが、会場は蟹のコースを食べられるお店と聞き、蟹の誘惑に負けて参加することにしました。

前菜から蟹、食べ終わったらまた蟹、その後も蟹、しめも蟹、とまさに蟹三昧。みなもくもくと蟹を食していました。苦手な社長も美味しい蟹を味わいご機嫌な様子。不機嫌よりはご機嫌が良いと私もなんとなく悪い気はしませんでした。

年明け。試用期間を終えたと私は、そのまま会社を去りました。

カニ

小料理屋のカニも悪く無い

今までカニを食べる機会は自分がとても好きな事もありよくあったのですが、その中でも素晴らしく美味しいと思ったのが小料理屋さんのカニです。その小料理屋さんはとても高額なため、私が入れるような場所ではなかったのですが、上司がたまたま連れてってくれたのでカニを食べる事ができたのです。

今まで食べた事のあるカニと言えば、穿り出すのが大変ですしカニみそもやはり鮮度から言って微妙でした。また、北海道物産展などで美味しいカニもあったのですが、やはりその小料理屋さんのカニとは味も旨みも違うと感じたのです。

私は特に毛ガニが好きなので、よく食べる事もあるのですが、やはりカニみそは鮮度が第一なので、はずれを引いてしまうとえぐみのある黒い色のカニみそのカニに当たってしまうのです。しかし、その小料理屋さんで食べた物は、本当に栗のように味噌が黄金色で、さらに店員さんに教えてもらった位置でカニの足を折るだけですっと出てくるのです。

カニは鮮度が悪かったり煮方がおかしいと、このように綺麗に身が取れないそうです。本当にあれ以来身が綺麗に出てくるカニは見た事がありません。ですので、是非ともあのようなカニをもう一回食べたいとたまに思うのです。

カニ

ホテルのズワイガニの食べ放題に行ってきた

最近ホテルのレストランにズワイガニの食べ放題バイキングに行ってきました。毎年冬になるとカニの食べ放題を行っているレストランで時間制限はありません。蟹の他にもいろんな料理が食べ放題ですが、私のメインはやっぱり蟹です。

このレストランが出すズワイガニはすこし小ぶりで色が黒っぽく汚れた感じでしたが、ホテルのレストランの従業員の人からきれいな色のズワイガニより、黒みがかったほうが見が閉まっていて美味しいというアドバイスがありました。

それが本当かどうか真偽の程はわかりませんが、たしかに身がいっぱい入っていて食べがいがありました。蟹のからを手早く剥いて身をばらけずに引き出すちょっとしたコツを紹介します。

この方法は蟹の足を剥くのに利用できます。蟹の関節部から1センチくらいのところを手で折り曲げ殻を割り、殻をひねりながら身を引き出すと筋と一緒に身がしっかりとついて引き出すことができます。

この方法だと殻を割って、スプーンやフォークなどで割った殻の中についた身を掻き出さず煩わしい作業をせずにすみます。慣れてくると短時間で引き出した蟹の身を垂れにつけて口いっぱいに食べられます。1時間半ちょっとでお腹いっぱい蟹を堪能出来ました。